顧客データを価値ある資産に

図:顧客データを統合管理し、マーケティングへの有効活用を支援します

顧客データを統合管理し、マーケティングへの有効活用を支援します

散在したデータを収集・一元管理

多くの企業様からよくご相談いただく内容のひとつとして、様々な形式の顧客情報を保有しているけれど、データが複雑に散在していて管理しきれず、うまくマーケティングに活かせていない、というお悩みがあります。プライベートDMPの 「BIG MINING Private」 を利用すれば、各所に散在するデータを柔軟に収集し、活用可能な形で一元管理することが可能です。
ひとことで「一元管理」といっても、活用の用途によって管理方法は様々です。「BIG MINING Private」 をご利用の際は、分析やマーケティングに精通したデータサイエンティストが、お客様のデータ保有状況やデータの活用先などをヒアリング・コンサルティングし、最適なデータの取得・管理方法をご提案いたします。

最先端の分析環境と
専門のアナリストによる運用

一般的なプライベートDMPの場合、お客様ご自身でデータ分析やマーケティング設計等の業務を行う必要がありますが、多くの企業様では、専門のデータ分析官やマーケティングスペシャリストが不足しています。せっかく大きな投資をしてDMPを構築したけれど、使いこなすことができずに宝の持ち腐れになってしまっている、というお悩みを多く聞きます。 プライベートDMPの 「BIG MINING Private」は、単なるツール提供ではなく、データの活用先に応じたマーケティング設計やデータ分析業務、データ運用業務など、総合的にお客様のデータマーケティングをサポートします。データサイエンティストが、「BIG MINING Private」 に搭載された最先端の分析環境を駆使して運用を行いますので、お客様は人手が足りない、専門知識が足りなくて使いこなせない、といったお悩みから解放されます。

顧客それぞれの特性に合わせた
最適なアプローチ

RMにおいて、顧客一人一人の特性に合わせた 「One-to-One Marketing 」の重要性は広く知られており、既に多くの企業が実践しています。プライベートDMPを利用するメリットの一つとして、こうした One-to-One アプローチ のための情報源を、自社のみならず外部からも取得できることが挙げられます。「オーディエンスデータ」と呼ばれるCookieIDをキーにしたユーザのインターネット行動履歴を、自社の顧客データと紐づけて分析し、マーケティングに活用することが可能です。BIG MINING Privateでは、デジタルガレージグループが保有する購買活動にきわめて近い独自のオーディエンスデータを利用することができますので、これまで得られなかった新しいユーザ特性の発見や、新しいアプローチ手法の開拓ができるようになります。 もちろん自社データのみでも、様々な切り口でデータを分析することで新しいユーザ特性を発見し、CRMに役立てることが可能です。

BIG MINING のパブリックDMP 「BIG MINING Public 」と連携すれば、自社の顧客データと外部の豊富なオーディエンスデータを活用したターゲティング広告の配信が可能です。